しみの改善に役立つ美白効果も得られるほうれん草

ほうれん草といえば鉄分が豊富に含まれており、貧血予防に役立つ食べ物というイメージが強い人も多いと思います。葉酸が初めて発見された野菜として有名ですが、しみの改善に役立つ美白効果も得られる野菜です。

具体的な栄養素としては、鉄分はレバーと同じくらいの量が含まれており体内にある赤血球を作り出す造血作用があることで貧血を予防するのに役立ちます。

βカロチンは目や皮膚を保つ働きや、風邪予防などに良いとされています。抗酸化作用でもあるため活性酸素を抑制してがんやなどを抑制する効果があります。

ビタミンCは美容効果があるほか、鉄分やたんぱく質と一緒に摂ることで効果やコラーゲン生成・吸収率を良くする効果を期待できます。
カリウムは余分な水分や老廃物、取り過ぎてしまった塩分を排出する働きがあります。他にも血圧を下げる効果があるためむくみの解消や高血圧の予防に役立ちます。

葉酸はビタミンの一種ですが、水に溶けやすい性質があります。粘膜の強化をしたり、赤血球の合成などに必要な栄養素です。また、妊娠初期には重要な栄養素でこの栄養素が不足してしまうと胎児に先天性障害が残ってしまう可能性もあります。

しみに特に効果的なのがβカロチンとビタミンです。βカロチンの抗酸化作用はとても高く、しみの原因となってしまう活性酸素をスムーズに排除することができるようになります。また、豊富なビタミンが皮膚の面膜を健康に保って肌のターンオーバーを促進させて皮脂量を調節して代謝を上げるなどの働きをします。

様々なレシピがありますが、食べるときの注意としてはビタミンCや葉酸は水溶性のため茹で過ぎてしまうとせっかくの栄養素が流れてしまうため、茹で過ぎには注意が必要です。

βカロチンや鉄分は油分と一緒に摂ることによって吸収率をアップすることあできるため、さっと炒めたりして食べると効果的といえます。

しみに効果的なレシピとしては、さっとソテーしたものやバターとコーンなどと一緒に炒めたり、茹でた豚の薄切り肉と角切りにした山芋と一緒に和えて、叩いた梅干しとポン酢を混ぜて和えて大根おろしをのせて食べたり、簡単に食べたい場合には茹でたものをココット皿に入れて卵を割りいれて黄身に穴を開けて、その上からクレイジーソルト、コショウ、水大さじ1を加えてラップをしてレンジにかけて食べるのもオススメです。

しっかり食べたい場合には、ベーコンと玉ねぎと一緒に卵と牛乳、とろけるチーズと塩コショウと一緒に焼いたキッシュなどもよく、ビタミンEをとりたい場合には胡麻和えなどが効果的だとされています。

おひたしにする場合には、しらすなどを加えると減塩することができます。
ホワイトソースと鉄分の多い牡蠣とグラタンにすれば効率的に鉄分を摂れます。

これに加えてデザートにビタミンCの豊富なイチゴやキウイ、柑橘類などを食べれば、より高いしみ改善の効果を期待することができるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ