厄介なほうれい線を薄くするフェイスマッサージ

年齢よりも若く見えると言われ、実のところ自分でも秘かにそう思っているのですが、若い頃の写真を見るとはやり愕然とします。肌が全然違います。

ハリがあって、ピンとしている。現在の自分は、若い頃と比べると顔のパーツの位置が少し変わっているようにすら感じます。いえ、実際、頬のたるみによって多少位置がかわっているかも。

そんな皮膚のたるみによって、ほうれい線も目立ち始めています。若い時でも笑うとくっきり出てきますが、歳をとると笑っていなくても顔に浮かんでくるのが悲しい。そんな厄介なほうれい線を少しでも薄くするフェイスマッサージがあるのです。たるみを減らすことで、顔全体も引き締まってきます。方法はいたって簡単です。

まず両手をよく洗います。そして、右手の親指を左側の頬の下に入れ、頬の内側から抑えます。つまり、口の中に親指を突っ込むわけで、最初は多少抵抗がありますが、大丈夫。すぐに慣れます。

残る右手の4本の指は頬の表面にのせる、つまり親指と4本の指で、頬をはさみ込む感じです。内側の親指は固定させて、4本の指で頬を引っ張り上げるように、目じりに向かってマッサージします。これを4回繰り返します。次に、反対側、左手親指を右側の頬の下に入れ…後は同様に同じく4回繰り返してマッサージ。この左右各4回の引っ張り上げで1セット。これを3セット繰り返します。

注意すべきは、左右きちんと同じ回数行うこと。片方だけ極端に引っ張り上げると、左右のバランスが崩れてしまいます。つまりはそれだけ効果が期待できるマッサージなのです。

実に単純なマッサージですが、毎日続けると確実に変化が見られます。

ほうれい線が薄くなるだけでなく、顔全体がひきしまります。私は毎朝の洗顔時と、就寝前の洗顔時に行っています。元手もかからず、それほど手間でもないので、毎日の習慣にするとよいと思います。家族といえども、人前でできるマッサージではないので、入浴中にこっそり、でもいいかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ