善玉菌に頑張ってもらい、便秘や宿便とは無縁の生活を

腸内フローラ、という言葉を聞いたことがありますか?

私たちの腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌などがいて、その種類は1000種類にもなるそうです。まるで様々な花が咲き乱れる花畑のようなので、腸内フローラ、と呼ばれているようです。

細菌の重量はなんと1.5㎏にもなるそう。あまり意識したことがないかもしれませんが、我々の美容や健康に欠かせない存在となっています。腸内環境が悪化すると、便秘や下痢、宿便など、お通じの不調が出てきます。それがニキビや吹き出物などにも直結するということは皆さん実感されているのではないでしょうか。腸内環境を整えてニキビや吹き出物を改善するには、腸内フローラの善玉菌の数が悪玉菌の数より多くなることが大事です。悪玉菌優勢となってしまうと、日和見菌といわれるどっちつかずの菌が悪玉菌になってしまうのです。

ぜひとも善玉菌に頑張ってもらい、便秘や宿便とは無縁の生活を送りたいものですよね。そのためには根菜類や果物に含まれるオリゴ糖を摂取することが有効なのです。オリゴ糖は、善玉菌の餌になってくれます。ヨーグルトなどを食べて腸内環境を整えよう、とはよく聞きますよね。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌なども、オリゴ糖と一緒に摂ることでより効果的なのです。

根菜類は、ゴボウやニンジン、玉ねぎ、大根、レンコン、ジャガイモ、などなどです。身近な野菜ですよね。その他、種子類にもオリゴ糖は含まれています。大豆やお米やトウモロコシなどです。

大豆食品は、味噌、豆腐、納豆、きな粉など加工品にも多いので取り入れ易いですよね。あとは、リンゴやバナナなどの果物にも含まれています。これらの野菜や果物を毎食、少しずつでも意識して食べることで、オリゴ糖はもちろん、普段不足しがちな食物繊維もしっかり摂れるようになります。善玉菌の応援団がどんどん腸内に送り込まれ、腸内フローラが善玉菌優勢の望ましい環境に改善されてゆくのです。

毎食バランスよく根菜類や果物を食べる、ということを意識しましょう。なんとなくお菓子でお腹を満たしてしまったり、暴飲暴食してしまったり、といった悪い生活習慣も改善されます。結果、お肌がきれいになることは勿論、いつの間にかお腹周りがサイズダウンしていた、なんてことにも繋がるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ